株式会社小畠:広島・岡山を中心とした中国・四国地方で各種ストーブの販売・設置(広島県福山市)

株式会社小畠

TEL084-953-0555

お問い合せ・資料請求

暖炉や薪ストーブの機種選択について

暖炉と薪ストーブの違いは?
暖炉は一般的に開放型と呼ばれ、暖炉ページでもご紹介したような鋼板やセラミックのプレートでユニット化されたものの他に耐火レンガで炉をつくる築炉型があります。金属製のネットやチェーン状のスクリーン、耐熱ガラスのドアなどが取付けられますが基本的にエアーコントロールはできません。そのため熱効率はあまり良くはありませんが、炉が大きいので直火を使っての料理などには最適です。薪ストーブは密閉型(エアータイト)のタイプがほとんどで、エアーコントロールによる火力調整が可能です。炉内には燃焼用の空気しか入らないため、非常に熱効率が良く、薪の使用量が少ないので経済的です。火の扱いも比較的簡単で実用面で優れています。

鋳物製薪ストーブと鉄板製薪ストーブの違いは?
鋳物は、比熱が大きく熱しにくくて冷めにくいのが特徴です。そのため熱の放出が長時間続きます。一方、鉄板は、鋳物に比べて熱しやすくて冷めやすいという性質を持っていますが、成型加工しやすいのでデザイン面でバリエーションが豊富です。最近は火箱の一部にソープストーンやキャスタブル耐火物を使用するなどして、蓄熱性を改善したモデルも見受けられます。

部屋の広さに対して、どのくらいの出力のストーブを選べばよいのでしょうか?
まず、主暖房として使用するのか、炎を楽しむために使用するのかで異なります。主暖房としてお考えなら必要暖房面積を正確に算出し、それに合う出力のストーブの中から選択しなければなりません。建物の建築地域や吹き抜けの有無、窓・建物自体の断熱性能等も考慮したほうが良いでしょう。できれば少し大きめの出力のストーブを選択することをお勧めします。ストーブに無理をさせないことがストーブを長持ちさせるコツだからです。また、カタログに記載されている出力は、メーカーや生産国によって算出基準が多少異なりますので一律には、参考にできません。薪ストーブ専門店にご相談されることをお勧めします。

薪ストーブ設置について


新築でなくても設置は可能ですか?
もちろん取付けられます。煙突を通す造作や床の補強が必要となるので、新築時より多少コストがかかります。

高気密住宅に設置する場合の注意点は?
部屋の空間の大きさにもよりますが、燃焼用空気が不足しがちなので、外気導入用のキットを取付ける必要があります。最近のほとんどの薪ストーブは、オプションで取り付け可能ですが、薪ストーブのすぐそばの壁か床にシャッターつきのガラリ等を設けて間接的に外気導入することも可能です。


住宅密集地でも取付けることができますか?
可能ですが、煙突の排気口(トップ)の位置には注意が必要です。隣家のバルコニーや窓の近くは当然避けたほうが良いでしょう。その地区に適用される建築基準法の法規などありますので、設計段階から建築業者や薪ストーブ業者にご相談するか、現地を見てもらったほうが良いでしょう。


近くに家具を置く場合、薪ストーブとの距離はどのくらいとればよいでしょうか?
木製の家具、TV、カーテンなど可燃物は、薪ストーブから最低でも1mは離す必要があります。ステージ背面のレンガに袖をつけたり、不燃材の遮へい板を設置すると距離は近づけられます。

煙で部屋が汚れませんか?
煙突が適正に取付けてあれば、室内に煙が漏れることはありません。暖炉や薪ストーブは気圧や温度差による上昇気流によって煙を吸い上げています。煙が室内に漏れる原因のほとんどは、煙突の立ち上げ高さの不足が原因です。煙突が低いとドラフトによる吸い上げの力が弱く、薪に着火するまでに時間がかかります。そのため本体や煙突の温度が上がらず、ドラフトが起こりにくいため煙が煙突に吸い込まれずに室内へ漏れるという結果になります。他にも原因はいろいろありますが、煙突の立上げ高さについては専門家のアドバイスを受けたほうが良いでしょう。

薪について


薪を早く乾燥させるコツは?
玉切りしたら、生木のうちに早く割って下さい。時間が経つほど割れにくくなります。積み上げる際には、割った面を上に向けると早く乾きます。積み上げた上には、塩ビやトタンの波板等で雨ヨケをして下さい。なるだけ風通しのよい所に置いて、廻りは囲わないほうが乾燥しやすくなります。物置や納屋の中では、カビが生えてしまうので注意。


針葉樹は薪ストーブで焚いては良くないと聞きますが、本当でしょうか?
ナラやクヌギなどの広葉樹に比べて、マツやスギなどの針葉樹の持つタールやクレオソートの量は、約10倍と言われています。煙突の煤詰まりが非常に早く、煙突掃除を怠ると煙突火災の原因となります。しかし、火付きがよく立上がりスピードが早いという特性を利用して、最初の焚き付けのみ針葉樹を使い、後から追加、投入するのは広葉樹と使い分けているユーザーもおられます。いずれにしても、充分に乾燥していることと、その木種の特徴を知った上で使用してもらえば何ら問題はありません。


建築の端材は、薪として燃やせますか?
建築材は、マツやスギが大半で、基本的に乾燥材なので燃やすことはできます。但し、輸入した外材の場合、長期にわたり、海の貯木場に浮かべてあったものもあり、塩分を多量に含んでいます。塩分により、薪ストーブ内部がひどく腐食するので注意してください。

メンテナンスについて


煙突の掃除は年間にどのくらいすればいいのでしょうか?
使用頻度や燃料にする薪の状態にもよりますが、最低一年に1回は煙突掃除が必要です。時々、シングル管の部分を軽くたたいてみて下さい。鈍い音に変わってきたら煤が付着している証拠です。掃除は、秋の使用する前に行うと、煙突内部が乾燥していて、煤が取れやすく、短時間でできます。